2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 元旦 | トップページ | まだ三日もう三日 »

帰省疲れ

 ゆうべは、姪のかの子とひとつ布団に寝た。子供といっしょに寝るなんて何年ぶりだろう?体がくっついていなくても子供と一緒の布団に寝るととてもあったかい・・というか、暑いくらいだった^^;こういうこともすっかり忘れてひさしい。

 で、朝は母の怒声で目が覚める。ただし怒声の矛先はわたしにはあらず。・・しかしながら、まあ・・家族ってなにかとうっとおしいものである。

 その母、帰省中、私に向かって、「太った」「太った」と30回/日いい続けてうるさかった。(--#)
 曰く「その体型は、おばさん体型であって、会社員の体型ではない」。
 それって論理的におかしくないか〜(@@)???
 九州では、おばさんという集合と会社員という集合の、<集合の積>はないのかっ!(おばさん∩会社員^^)

 昼過ぎ、佐世保発。博多で二時間ほど待ち合わせ時間があったので、博多の新スポット「キャナルシティ」に行くことに。
 博多駅から徒歩10分。キャナルシティの建物の一角が見えたとき、「あんな可愛らしい色合いのビルの中に行くん?」といきなり息子が不機嫌に。どうも<お子様向け施設>と思った様子。私も、「キャナルシティ」のことは妹からちょっと聞いていただけで実際はどんなところか知らないので、「建物のなかは、若い人向けのお店とかゲーセンとか映画館があるって聞いていたけど・・」ともごもご。しかし息子は「あんなところに・・なんでおかんと一緒にいかなあかんの?はずかしいっ!」と怒り出す。まあ・・そうはいっても、もうすぐそこだし・・ととりなしても、ますます「俺はぜったいにいかへんっ!」といきり立つ息子。大阪弁で怒っているそんな息子の横を遠巻きに通り過ぎていく博多の人々・・・。私は恥ずかしいやら腹立たしいやら・・・。「もう・・すぐそこやし、ちょっと覗いてみて、おもしろくなかったら帰ったらええやん」と言っても「ぜっーーたい、いかへんっ!!」と馬鹿息子。
 で、私もむかっときて、「ああ、じゃあ帰ろう」とすたすたと博多駅に歩いて戻る。
 その後、一時間以上をじとーーっと駅構内の喫茶店ですごした後、大阪へ。

 まったく帰省というのも疲れるものである。

P1000055 実家近くの炭鉱跡地。

« 元旦 | トップページ | まだ三日もう三日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/2450831

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省疲れ:

« 元旦 | トップページ | まだ三日もう三日 »

これんのTwitter

無料ブログはココログ