« 言(ことば)は肉となって | トップページ | ブログでなくてもいいかも »

言いたいこと

 板一枚のしたは奈落(というほどでもなくドブ?^^;)って感じの毎日。

皮の暗さがおまへの髪の色に似て今宵の茄子ぞ妙に愛しき
 矢部雅之『友達ニ出会フノハ良イ事』
 写真や散文の多いユニークなつくりの歌集。言いたいことにあふれている、という印象。言葉が定型の中に収斂していかない。ページをめくりながら、ふと、この人は定型を必要としているのだろうか?とも思う。散文やルポタージュを書けばいいのではないか?集中、亡くなった先輩カメラマンについての散文をまじえた一連がある。書かれている内容は深刻で、真摯な思いというのは伝わってくるけれど、はっきり言ってあまり上手くない。ただこの一連を読んで、この人は目の前の<事実>を自分の中に回収するためにやはり定型を必要としているのかもしれないとも思った。短歌は言いたいことを書くのではない、というのは単に短歌は短いから言いたいことを直接言わずに、しらべや比喩や文体で感じさせるのです、ということではない。定型そのものが自分の中の(自分でも気づかないような)言葉を拾ってきて<言う>ものだろうと思う。まあもちろん、そんなにコトは単純でもなく、自分自身、定型との関係が良好とはいいがたいのだが。

|

« 言(ことば)は肉となって | トップページ | ブログでなくてもいいかも »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/2329995

この記事へのトラックバック一覧です: 言いたいこと:

« 言(ことば)は肉となって | トップページ | ブログでなくてもいいかも »