« 世紀末ウィーン | トップページ | 電話 »

どきどき

 『鱧と水仙』の原稿がまだ出来ていなくて・・・ちょっとどきどきしている。ああ、困った。。。。
 左岸の会欠席。
 通勤読書、辻原登『翔べ麒麟』。これがむちゃくちゃおもしろい。若き遣唐使の話で裏表紙の説明に「陰謀と友情、恋と剣。沈みゆく帝都の都を舞台に繰り広げられる新感覚歴史活劇」とあるけど、ほんとに活劇という言葉がぴったり。登場人物たちはそれぞれある種典型的なところがあるのだけど、スピード感とさわやかな感じがあって引き込まれてしまう。・・・とそれより原稿原稿・・・。

|

« 世紀末ウィーン | トップページ | 電話 »

「文学一般」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/2303221

この記事へのトラックバック一覧です: どきどき:

« 世紀末ウィーン | トップページ | 電話 »