« 過ぎ去りし日々 | トップページ | どきどき »

世紀末ウィーン

 安藤忠雄の『建築に夢をみた』を通勤読書にて完読。
 これまであまり興味がなかったウィーンに行きたくなってしまった。
 クリムト、エゴン・シーレ、レッティ蝋燭店。
**
白子酢を食(は)みつつながむ居酒屋のけぶれる壁のクリムト『抱擁』

旧作より。
・・・てっきり『精霊とんぼ』に入っていると思ったのだがいま探したらなかった歌。(見落としかも)

|

« 過ぎ去りし日々 | トップページ | どきどき »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/2288123

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末ウィーン:

« 過ぎ去りし日々 | トップページ | どきどき »