« 東方の星 | トップページ | 腰がいたい、豊作 »

ノエル、ノエル

P1000010 燭火礼拝、終了。
 通常の礼拝では見ない顔の人もたくさんいて、不思議だったけど、あとから考えると、あれは近所の人だったようだ。イブの夜に、信者でない方も、ふらっと礼拝に参加するって、なんだか素敵な気がする。小さな教会だけど、地域に根づいている様子なのは、地域外からの通い信者のわたしとしてもなんとなくうれしかった。

 どうにか担当部分の朗読も終える。椅子から立ち上がるとき、腰が痛むので大丈夫かなと思ったけど、かろうじて歩けた。職場の同僚一名も参加。

 実は今日は、個人的に、悲しいことがあって、生まれて○十年にして最大に悲しいクリスマスイブだったのだが、こんな日が初めての燭火礼拝で、しかも聖書朗読することになるなんて・・・これも神様のはからいかなあと感じた。

 ノエル、ノエル。
 降誕おめでとうございます。地のすべての人に祝福がありますように。

|

« 東方の星 | トップページ | 腰がいたい、豊作 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/2364644

この記事へのトラックバック一覧です: ノエル、ノエル:

« 東方の星 | トップページ | 腰がいたい、豊作 »