« 3月のメール~湖蓮日日献身編 | トップページ | 美しいこと~湖蓮日日献身編 »

2014年1月10日 (金)

出会い~湖蓮日日献身編

P1000026  「あなたは神に仕える方だと思いました」

 N姉はそのメールを残して逝ってしまった。信徒でありながら、多くの人を信仰に導いた人だった。(かつて姉の家で行われていた家庭集会では10名以上の方が洗礼に導かれたそうだ)また姉は大阪教区の主事として、教区の140教会のお世話をなさっていた時期もあったそうだ。

 しかしなにより、思い起こすのは、本当にひとりひとりを心にかけておられた方だったということ。たとえば教会の集会で、たくさんの人がいる中で、ある人の顔がさっきから見えないということにすぐ気づき、「具合が悪くなったのかも」と心配をしてトイレにまで探しに行く方だった。

 誰に対しもいつもいつもそうだった。はっきりとものを言い、その分誤解も受ける人であった。しかし率直に批判はしても、けっして相手を全否定したりはされなかった。誰をも受け入れる、まさに愛の人だった。

 姉のメールはきっと神様が姉に書かせたものだろうと私は思った。

 私はもう神に仕えるしかない。そう思った。そう思うしかなかった。

 それからCコース受験のためのガイダンスや過去問題を教団から取り寄せたり、必要な参考書を揃えたりしているうちに時間は過ぎた。

 なかなか勉強は進まなかった。姉が言っていた信徒伝道者向けの学校が9月に開校した。聖書神学の基本を学べて助かった。しかし、そのクラスの学びと補教師試験の内容が直結しているようには思えなかった。過去問題を見ても、何をどのようにどのくらい解答していいのかピンとこなかった。

 そんななか、9月下旬に、N姉の親友だった方でN姉が大阪クリスチャンセンターに作った伝道喫茶を運営しているNM姉から突然電話があった。

 「さっきね、K牧師が喫茶店に来られたの。先生はねCコースで補教師を目指している人の支援をしたいそうよ。いまから言う先生の連絡先にすぐ電話して!」

 NM姉はK先生とは長い付き合いだったようだが、先生がCコース受験のための支援をされていたことは知らなかったそうだ。その日、たまたま先生が喫茶店に来られ、そこにCコースで受験中の方が居合わせ、Cコースの話になったときK先生がCコース受験をされる方の支援にかつてかかわったことがあり、今後も個人的にやってみたいという思いを持っておられることが、偶然わかったそうだ。NM姉は

 「その話、聞いたとき、わたしは鳥肌だったわよ。思わず<うちの教会にもひとりCコース受験を目指してる人がいますよ!!>って叫んだのよ」

 とのこと。K先生とCコース受験中の方がその日、NM姉の喫茶店で居合わせなかったら、出てこない話だったと思うと、いまでもたしかに私も鳥肌立つ思いがする。

 K先生とはN姉の記念会でお会いしたことはあったが、そのときごあいさつしたくらいで特にお付き合いはなかった。教えていただいた連絡先に連絡し、その週末にK先生の教会に行った。

 K先生は、まずなぜCコースで受験しようと思ったのか聞かれた。私は緊張して、もぞもぞとあまり要領良くなく話をした。N姉のこと、自分自身の今の生活のことetc。

 K先生は私が最後まで話し終えないうちにさえぎるように言われた。

 「わかりました。あなたはCコースで受験なさると良いと思います。」

 ちょっとびっくりして顔を上げると、K先生は続けられた。

 「実は、私はNさんに献身してほしいと以前から願っていました。いつか彼女に教会の責を負っていただきたかった。でももうその願いはかないません。

 ・・・しかしNさんは、あなたに後を託したのでしょう。いっしょにCコースの学びをいたしましょう。わたしでできることであればお手伝いさせていただきます」

 わたしはびっくりした。しかし先生はさらに続けられた。

 「ただし、このようなこと、、、伝道者の出発は、祝福に満ちたものでなければなりません。あなたの第一歩も神の祝福のなかではじめないといけません。あなたにとって、祝福の第一歩は、まずあなたの所属する教会で受験のための推薦を受けることです。推薦を受けたら、一緒にスタートしましょう。

 もし万一、推薦がいただけなかったら、、、そのときはまだ神の時が来ていないのです。祈りつつ考えましょう。」

 教会の推薦、、、、所属教会の牧師はCコース受験に消極的だった。推薦をいただけるだろうか。。。。不安だった。

 教会の方にも祈っていただき、牧師に申し出た。

 そのときのことは記憶にないくらい、あっさりと推薦をしていただけるようになった。その後、実際に推薦書を書いてくださる時も、目の前で一気に牧師は書いてくださった。

 重い大きな扉がほんの一ミリくらい目の前で開きかかったように感じた。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村

|

« 3月のメール~湖蓮日日献身編 | トップページ | 美しいこと~湖蓮日日献身編 »

キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/58917950

この記事へのトラックバック一覧です: 出会い~湖蓮日日献身編:

« 3月のメール~湖蓮日日献身編 | トップページ | 美しいこと~湖蓮日日献身編 »