« 約束の虹(創世記9章) | トップページ | 明日はどっちだ~湖蓮日日献身編 »

2013年11月 6日 (水)

諸民族への祝福(創世記10章)

「地上の諸民族は洪水の後、彼らから分れ出た。」創世記10章32節

Home20131106

 5章に続いて、この章には系図が記されています。旧約聖書には、このような系図や、部族ごとの人口調査の結果など、単語や数字が延々と羅列されている箇所があります。あるいはさまざまな細かい規定が長々と記述されている箇所もあります。特に初めて聖書を読まれる方は、そのような箇所には面食らわれるのではないかと思います。

 この章も、延々と人の名前が続いていきます。「ヤファトの子孫はゴメル、マゴク、メディア、ヤワン、トバル、メシュク、ティラスであった。ゴメスの子孫は、アシュケナズ、リフィト・・・」と日本人にはなじみのないカタカナが連なっています。ついついこういう箇所では聖書を読むことにめげてしまいそうになります。でも、ゆっくり声に出して読んでみてください。(黙読だと眠くなってしまうかもしれませんから!?)最初は、読んでも何も感じないかもしえれません。でも聖書全体が少しずつ解ってくるとき、全体の中でのこのような箇所の意味が少しずつ理解できるようになります。

さて、ここに記されているのは、ノアの三人の息子の子孫たちの系図です。この系図を見ると、ヤファトは海沿いの国々の民族(インド・ヨーロッパ族)の祖となり、ハムはエジプトからカナン、アッシリアの民族(フェニキアからアフリカにかけてと紅海のアジア側)の祖となり、セムは東の高原地帯(イラン山脈からメソポタミア、アラビア半島)の民族の祖となったとされています。

 当時の世界観からすると、この系図は世界の諸民族すべてを現していました。ちなみにここに記述されている民族の数は70だそうです。聖書においては、7は完全数と言われます。完全、成就、完成を現します。したがって70という民族数は、<世界すべて>を表現していると言えます。

ですからこの系図が示していることは、神の支配が、地上のそのすべての民族に及んでいることです。

そしてまた、この多くの人の名前の羅列を見るとき、私たちはそこに、人間の歴史があることを理解します。人間が生まれ、生活をし、次の世代へと、引き継がれていく、その長い長い歴史を、神が見守り支配されていることをこの系図のうえに見ます。

そしてそれは、洪水の後、神がノアに対して祝福して言われた「あなたたちは産めよ、増えよ/地に群がり、地に増えよ。(創世記97節)」という言葉が成就していることでもあります。

 これから先、旧約聖書は、イスラエルという民族にズームを当て、そのイスラエルの歴史を主軸に神の業を描いていきます。

 この系図に現れてくる諸民族の多くは、これから先に語られるイスラエルの歴史の中では、いわゆる「悪役」的な位置づけであるように感じられるかもしれません。しかしながら、イスラエル以外の諸民族を神は捨て去られるわけではないのです。

聖書において、ことに旧約聖書においては、イスラエルという民族は特別に選ばれた民とされています。しかし、それは神の全人類救済の物語のプロセスとしての「神の選び」です。

神の救いの業と愛は、すべての諸民族、国民へと、その歴史の始まりから注がれているのです。そのすべての民族への神の配慮があらわされているのがこの系図です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村

|

« 約束の虹(創世記9章) | トップページ | 明日はどっちだ~湖蓮日日献身編 »

聖書の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/58526738

この記事へのトラックバック一覧です: 諸民族への祝福(創世記10章):

« 約束の虹(創世記9章) | トップページ | 明日はどっちだ~湖蓮日日献身編 »