« ゆふぐれに櫛をひろへりゆふぐれの櫛はわたしにひろはれしのみ | トップページ

2005年8月14日 (日)

踏みつけて踏みつけられて帰り来るそのくつのみが月光に濡れ

 『なよたけ拾遺』

 「木霊」という一連に含まれるがここには他の一連よりは少し現実の影がさしているように読めなくもない。
 「踏みつけて踏みつけられて」というフレーズは俗的に読もうと思えばいくらでも読める。しかし、現実の影がさしているといっても、やはりどこか物語の衣をまとっているのであり、月光に濡れるくつは、物語の世界の淡い光をかえす。

なだらかに明日へとつづく橋を絶つそのみなかみに鶴は燃ゆるも
 一連最後に決然とした秀歌がある。
 私の好みとしては、表出歌のほうなのであるが。「なだらかに」の歌はかたちも調べも歌いきり方も確かに秀歌の趣がある。
 しかし、表出歌のどこか言い切っていないところには、とつとつとした陰影が感じられる。
 物語をつくろうとして、ふっとどこか洗練さがたわんで、ほつりと出てくるような影。
 「濡れ」と言いきりではない終わり方は基本的には現代短歌の中で使われるとほとんどの場合おもわせぶりで私は嫌いなのだけど、この場合は、上句の強さに対してバランスがとれているように感じる。

|

« ゆふぐれに櫛をひろへりゆふぐれの櫛はわたしにひろはれしのみ | トップページ

コメント

ホームページから来ました。
私も短歌、連続更新記録を続伸中。
HPの更新がまったりですね。
このブログは大きいフォントにしてあるの
かな、と~っても読みやすいです。
論評の簡潔完結なのもいいなぁ。

投稿: 悠山人 | 2005年9月13日 (火) 06時25分

悠山人様

 ブログご来訪ありがとうございます。
 本ブログ初コメントで嬉しく思います。
 返信コメントが遅れまして申し訳ありません。
 最近、わたしのHP、更新が滞っています。
 そろそろどうにかせねば、と思っております。
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 吉浦玲子 | 2005年9月14日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/5467024

この記事へのトラックバック一覧です: 踏みつけて踏みつけられて帰り来るそのくつのみが月光に濡れ:

« ゆふぐれに櫛をひろへりゆふぐれの櫛はわたしにひろはれしのみ | トップページ