« 黄蝶ゐてつはぶきの黄に脣觸りつ それは記憶のかたち | トップページ | 踏みつけて踏みつけられて帰り来るそのくつのみが月光に濡れ »

2005年8月14日 (日)

ゆふぐれに櫛をひろへりゆふぐれの櫛はわたしにひろはれしのみ

 『なよたけ拾遺』より。

 有名で私も大好きな一首であるが、一連の中で読むとイメージが違う。
 というか、私自身が勝手なイメージをしていたのであるが。私はこの櫛はどこか現代の町角、道端で拾われたような印象をもっていたが、この歌を含む一連は古典的というか、作られた昔話風のイメージを持つ。(まあ、永井さんの古典的な物語調の一連でも、現代がさっと混じりこんでいる歌もあるのでそういうイメージもまるきりないとは言い切れないが)

ちちははのくにへとつづく夜をなべてさびしからずや水に棲むひと
ごっそりとあなたの影をぬすみたくついてゆく夜のれんげ畑は
いっぽん足 されど背中をひからせてもみぢの渓へ入りてゆきたり
みみづくもめだかもかめもくすの木も月のしづくのくにへとかへれ

 一連には上記のような歌が並ぶ。昔なのか現代もしくは少し前のどこか田舎のほうなのかわからないが、そんな「れんげ畑」や「渓」のある光景。みみづくやめだかの世界。拾われた櫛は、ゆうぐれの雑踏もしくは人通りの少ないくすんだ道端にあったわけではないのだ。
 私はたちまちこの櫛のイメージの置き所に困る。みみづくやめだかの世界にある櫛ではかなしみの質がまったく違うようにも思う。あらためて、この場合の「わたし」ってなんだろう?よくわからなくなってきたのである。
 いずれにせよ、ひどく単純な歌でありながら(と言ってもこの歌の作り方は相当に巧いからこその単純さなのであるが)櫛のくっきりした印象と、それでいながら全体の淡い印象が不可思議である。

|

« 黄蝶ゐてつはぶきの黄に脣觸りつ それは記憶のかたち | トップページ | 踏みつけて踏みつけられて帰り来るそのくつのみが月光に濡れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/5466801

この記事へのトラックバック一覧です: ゆふぐれに櫛をひろへりゆふぐれの櫛はわたしにひろはれしのみ:

« 黄蝶ゐてつはぶきの黄に脣觸りつ それは記憶のかたち | トップページ | 踏みつけて踏みつけられて帰り来るそのくつのみが月光に濡れ »