« 2005年7月 | トップページ

2005年8月14日 (日)

踏みつけて踏みつけられて帰り来るそのくつのみが月光に濡れ

 『なよたけ拾遺』

 「木霊」という一連に含まれるがここには他の一連よりは少し現実の影がさしているように読めなくもない。
 「踏みつけて踏みつけられて」というフレーズは俗的に読もうと思えばいくらでも読める。しかし、現実の影がさしているといっても、やはりどこか物語の衣をまとっているのであり、月光に濡れるくつは、物語の世界の淡い光をかえす。

なだらかに明日へとつづく橋を絶つそのみなかみに鶴は燃ゆるも
 一連最後に決然とした秀歌がある。
 私の好みとしては、表出歌のほうなのであるが。「なだらかに」の歌はかたちも調べも歌いきり方も確かに秀歌の趣がある。
 しかし、表出歌のどこか言い切っていないところには、とつとつとした陰影が感じられる。
 物語をつくろうとして、ふっとどこか洗練さがたわんで、ほつりと出てくるような影。
 「濡れ」と言いきりではない終わり方は基本的には現代短歌の中で使われるとほとんどの場合おもわせぶりで私は嫌いなのだけど、この場合は、上句の強さに対してバランスがとれているように感じる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆふぐれに櫛をひろへりゆふぐれの櫛はわたしにひろはれしのみ

 『なよたけ拾遺』より。

 有名で私も大好きな一首であるが、一連の中で読むとイメージが違う。
 というか、私自身が勝手なイメージをしていたのであるが。私はこの櫛はどこか現代の町角、道端で拾われたような印象をもっていたが、この歌を含む一連は古典的というか、作られた昔話風のイメージを持つ。(まあ、永井さんの古典的な物語調の一連でも、現代がさっと混じりこんでいる歌もあるのでそういうイメージもまるきりないとは言い切れないが)

ちちははのくにへとつづく夜をなべてさびしからずや水に棲むひと
ごっそりとあなたの影をぬすみたくついてゆく夜のれんげ畑は
いっぽん足 されど背中をひからせてもみぢの渓へ入りてゆきたり
みみづくもめだかもかめもくすの木も月のしづくのくにへとかへれ

 一連には上記のような歌が並ぶ。昔なのか現代もしくは少し前のどこか田舎のほうなのかわからないが、そんな「れんげ畑」や「渓」のある光景。みみづくやめだかの世界。拾われた櫛は、ゆうぐれの雑踏もしくは人通りの少ないくすんだ道端にあったわけではないのだ。
 私はたちまちこの櫛のイメージの置き所に困る。みみづくやめだかの世界にある櫛ではかなしみの質がまったく違うようにも思う。あらためて、この場合の「わたし」ってなんだろう?よくわからなくなってきたのである。
 いずれにせよ、ひどく単純な歌でありながら(と言ってもこの歌の作り方は相当に巧いからこその単純さなのであるが)櫛のくっきりした印象と、それでいながら全体の淡い印象が不可思議である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

黄蝶ゐてつはぶきの黄に脣觸りつ それは記憶のかたち

 『薫樹』より

 「それは記憶のかたち」・・こういうフレーズにはついひかれてしまう。こういう抽象的なというか概念的なフレーズにふっと惹かれてしまうのは自分の「甘さ」かなあと思う。でもやはりキマッていると思う。
 これは蝶とつはぶきの「黄」が重なっている。その場面がかつて見た記憶の中の場面と重なっているんだろうか?あるはデジャブのようであるということであろうか。
 「黄」の重なりとか、「脣觸りつ」-唇が触れるというあたり 少しばかりエロチックな気がしないでもない。それはいわゆる性的なものを暗示しているというより、もう少し根源的な生につらなるエロスである。
 ただそういうエロス的なところにとどまらず、ある小さな世界を覗き込むような感覚。覗き込みながら、こちらの世界が照らし返されるような(少し前の「かなかな」の歌のような)感覚というのはおもしろいと思う。
 記憶は呼び起こされたり、眼前のイメージによって重ねあわされたのではなく、いま、あらたに造られてたちあがってきた記憶である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端に樹を立てかけて賣りをれり賣りものの樹の何となく人を呼ぶ

 樹に呼びかけられるというのはあるように思う。
 よく樹は「気」を出している、というようなことをいうが、私自身は「気」はわからないが、若い頃などは、樹のそばにいるとなんとなく、ふっとイメージが湧くというかインスピレーションがあるというか、そういう感覚があった。
 このうたの<人を呼ぶ>感じは、そういう感じよりもう少しやわらかい感じ。
 樹の姿かたちがいいとか、葉が風にそよぐようすがなんとなく好ましい、ということで、そこはかとなく人が注目するような感じを人を呼ぶと表現しているのかもしれない。
 しかし、この樹と人の関係はなかなかによい。
 樹と人の間には、なんとなく通っているものがある、そんな感じをもたせる。
 樹に開いている人の感性というのも好ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹の下の泥のつづきのてーぶるに かなかなのなくひかりちりぼふ

  『薫樹』巻頭の一首であるが、「泥のつづきのてーぶる」というのがよくわからない。樹のしたに泥があって、そことさほど距離をおかず「てーぶる」がある。この「てーぶる」はほんとに木かなにかでできている「テーブル」と思っていたが、今つくづく読むと、それは泥がこんもりとしてテーブル状になっているごく小さな「てーぶる」かなあ、という気がしてきた。今までほんとに普通のテーブルと思っていたが。
 そのミニチュアの「てーぶる」のうえでかなかなが鳴いているのである。晩夏のひかりをうけて。
 「てーぶる」とかなかな、とても小さな世界である。
 しかしその世界には、ひかりがちりぼひ、こちらの世界を照らす。
 
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

「ただ泳ぐ 日に日を継ぎてとこしへに哀しみのうた満ちくる海を」

                     『なよたけ拾遺』

 前後の歌からすると、「」内はいうれい(幽霊)の言葉ということになる。

その稚きこころさながらみささぎのみづのあかりに咲く黄水仙
ながきながきねむりのはてのゆめにさへわたくしを呼ぶこゑもこころも
丑満つのほしの流れをうつしつつかさねてゐれば稚きてのひら
あさあけのみどりのもやを身にまとひまだ消えのこる麦の中のいうれい
大きな扉背後にあるを意識して旅の歯ブラシ手ばやく洗ふ

 一連の中にみささぎという言葉も見えるから、この幽霊は、かなり昔に若くして亡くなった高貴な人、ということになる。
 川上弘美の短編に、何年も何十年もさまよっている女の幽霊のたましいの話があるが、あれを読んだときにはどうにもやりきれなかった。この歌とはぜんぜん違う感じなのだけど、ただ気が狂うほど長い長い時間をさすらっていく思いという点では似ている。そういう永遠にさすらう思いというものを想像しただけで、どうにも胸が苦しい。
 ただ一人の海。とこしへにひとり。哀しみが満ちる海ではなく。哀しみそのものが形象化した海。
 そういう孤独な哀しみというものと感応してしまうこころというものは、また哀しくとても危険だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ