« うちつけに地にさすあかりはごろもを着ればすなはち消ゆるこころよ | トップページ | 「ただ泳ぐ 日に日を継ぎてとこしへに哀しみのうた満ちくる海を」 »

2005年7月30日 (土)

抱擁のすべての意味を消してゆくそののち胸に恋ほしきさくら

                『なよたけ拾遺』

 「さくらながれて」という一連には、<鬼>のイメージを基調にしたしずかな激しさみたいなものが感じられる。そのなかで<こひびと>という言葉が二度出てくる。恋愛というかそういう情念みたいもの(永井さんにはめずらしいような・・)が感じられる一連でもあり、そこに「逝く父」や「故郷」のイメージも重ねられていて、私にはややわかりにくい一連でもある。表記の歌も調べといいことばのイメージといいきれいで好きな歌であるが、実のところはよくわからない。特に「抱擁のすべての意味を消してゆく」・・これがよくわからない。抱擁ののちにすべての意味が消えた、ならわかるけど。(ただそれだと、俗というかありふれているというか・・)そこには少し意志的なものも感じられる。なにかを知って、なにかと別れていくような感覚が感じられる。

すきとおる蝉を地中にねむらせて夕朱雲が閉ぢゆく故郷
こひびとは般若の面をして来ると萌黄の朝の夢にいふかな
たれを待つまたは待たるるゆふぐれの風の底なる耳冷ゆるとも
くるほしく季節を呼べる首すぢが脈打ちてゐよわがこひびとよ
糸杉のながるる谷に一足の沓をあがなひ鬼族といふ

 父や故郷の静明な世界と鬼の世界は対極に位置するのだろうか?
 しかし<こひびと>は般若の面をつけてやってくる。
 胸にくるほしいさくらを持ち、しずかな静明な世界から離れ、鬼の世界との境界を彷徨する。
 父や故郷や(いままでの)恋人といった自分にとって普通だった世界の意味が消えたのちのたましひのなかに満ち満ちるさくら。

|

« うちつけに地にさすあかりはごろもを着ればすなはち消ゆるこころよ | トップページ | 「ただ泳ぐ 日に日を継ぎてとこしへに哀しみのうた満ちくる海を」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/5229531

この記事へのトラックバック一覧です: 抱擁のすべての意味を消してゆくそののち胸に恋ほしきさくら:

« うちつけに地にさすあかりはごろもを着ればすなはち消ゆるこころよ | トップページ | 「ただ泳ぐ 日に日を継ぎてとこしへに哀しみのうた満ちくる海を」 »