170324
 退院してきて、気づいたこと、胸の痛んだこと。
 実は、私の家のリビングの窓から真ん前に、入院していた病院が見える。それだけ近所の病院に入院していたということだけど。「ああ、真ん前だったなあ」と改めて気づいて、胸が痛んだ。それは入院前から何も変わらない景色だったけれど。
 私が入院していた三階の部屋の窓は手前の建物に少し遮られている。でもほとんど、真正面に、あの入院していた部屋はあったのだ。
 狭い十人部屋で、私ともう一人を除いたら、おそらく皆、70代、80代の方々。排泄が困難な方も多く、部屋にはなんともいえないにおいがこもっていた。近所では「姥捨て山」とも揶揄される病院だった。
 多くの人は入退院を繰り返していた。
 私が退院する時、「うらやましいわぁ、着いて行きたいくらいやわぁ」と、寂しそうに、ある婦人はおっしゃった。私は何とも答えられず、ただ頭を下げて、部屋を出てきた。

 正直、いつもリビングから見えるあの窓の向こうのことなど知らなかった。
 「うらやましいわぁ、着いて行きたいくらいやわぁ」と寂しそうだった婦人のことも。「看護婦さーん、おむつ替えてー!!」とナースコールで繰り返し叫んでいた人もことも。少し認知症なのかどうしてもベッドわきのテレビのつけ方が分からず「お相撲が見たいねん」といっていたお婆ちゃんのことも。婚約者をベトナムに置いて研修に来てるベトナム人のナース見習いの女の子のことも。
 いつもあの窓を見ていたのに、知らなかった。

 もちろんそんなことを言っていたら際限はないのだ。町中の多くの窓の向こうに人知れず病んでいる人がいる。ただ一人で苦しんでいる人がある。その無数の窓の向こう側のことを私は到底知ることはできない。

 ただ、あの方だけがご存じなのだ。
 だから、ただあの方にだけ、私は祈り求める。
 そして、私に開かれた窓に向かって仕えていく。
 私の前に今日も窓は開かれている。

病に苦しむこの人を打ち砕こうと主は望まれ
彼は自らを償いの献げ物とした。 
彼は、子孫が末永く続くのを見る。
主の望まれることは
 彼の手によって成し遂げられる。イザヤ53:10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休め!

 先週の月曜夜から今週の月曜まで緊急入院をした。
 出産以来の入院。それも突然の。いや、びっくりした~。
 いやいや、びっくりされたのは周囲の方。ご迷惑おかけしました。
 ほんとうに申し訳ありませんでした。

Image170322 今になって「思い返せば」ということは、ある。空腹時、妙にお腹が張るようなビミョーにかすかに痛いような感じが、ここ数週間あった。でも、普通に食べたり飲んだりはできて、また下すことも、便秘もなく、さほど問題があるようには感じていなかった。
 先週の日曜日、夕刻、筋肉痛のような変な痛みが下腹部にあった。運動などしてないのにおかしいなと思った。それほどひどい痛みではなかったので、そのときもあまり気にしなかった。気にしないようにしようとしたというのが正解かもしれないが。
 翌日の朝、その「筋肉痛」は少し強くなっていた。もともと私はお腹を壊しやすいタチで、ときどきお腹が痛くなるということはあった。でも、その「筋肉痛」はこれまで経験した痛みとは異質だった。痛みの場所は右下腹部。「盲腸?」と思って、ネットで検索すると、盲腸か憩室炎かもしれないと分かった。ただ、痛み自体はひどくはなかった。しかし、痛みの異質さが気になり、寝起きの時点で、朝一で病院に行こう、と思っていた。しかし、起きてあれこれやっているうちに痛みは気にならなくなって、まあ様子をみようかと、「通常勤務」することに。

 その日、午後から徐々に具合が悪くなってきた。歩くとお腹に響くような痛みになってきた。夕刻にはあきらか発熱している感覚があった。夕礼拝の時、立っているのがしんどいくらいであった。激痛ではないが、動くのがつらいような奇妙な痛みがあった。夕礼拝の後、熱を測ると37.8度だった。37.8度は自分にとっては高熱ではない(喉を腫らしやすいたちで、38度を超える熱はときどき出すので)。でもあきらかに、この痛みと発熱は変だ。片付けもそこそこに、ローマンカラーのシャツとスーツのまま、救急病院にむかった。

 レントゲンの結果、やはり「盲腸炎か大腸憩室炎」ということで、いずれにせよ、ただちに入院、絶食して抗生物質を点滴開始ということに。翌朝、CTをとって、大腸憩室炎と診断は下った。
 そこからあとの治療と回復は順調だった。毎日のように血液検査をしたけど、値は都度はっきりと回復を示していた。当初は、少しでも体をねじったり、歩いたりすると、響いて痛かった。笑っても、咳をしても痛かった。熱も一時は38度を超えていた(これはさすがに私にとっても高熱だった)。でも、やがてそれが微熱になり、痛みも少しずつ引いてきた。結果的に、当初の主治医の見立て通り、一週間で退院ができた。まだ完治ではないが、投薬も食事制限もない状態になった。

 ある意味、大事には至らず順調に回復できたと言える。
 そして今回の病気は、神様からの「休め!」命令だったのだなとつくづく思う。

 そもそも多くの牧師は私の何倍も仕事をしておられる。私は、週に一回は休みをとっていたし、睡眠時間もそれなりにとっていた。けっして不眠不休で働き続けてきたわけではない。なのに、へたってしまうなんて情けない、、、という思いも当然ある。
 ただ自分自身、昨年秋の正教師試験のころから、「疲れがたまっている」という感覚がずっとあった。週に一回休んでも、どうしても疲れが抜けきらないというのが、特に、今年に入って顕著だった。按手から牧師就任式に至るまで、なんとなく「心休まらない」日々が続いたのも事実。

 今回、点滴につながれて、結果的にはわずかの期間ながら、「休め!」を実践して(実践させられて)思ったことは、自分はやっぱり<休みながら休んでいなかった>ということ。別に、休日に教会のことをあれこれ考えていたつもりは全くなかったのだけど、病院のベッドで何することもなく、ぼーっとしていたら(熱でぼーっとしてたことも含め)、自分は本当の意味でぼーっとしていた時間がなかったなあと気がついた。やはりたえず、今日はこれから何をして、明日はああしてこうして、と考えていた。いってみれば交感神経がいっつも働いていた。いっつもせわしない心があった。
 そりゃ腸も疲れるよね。(厳密には腸は副交感神経が働く時、働くらしい。だから交感神経が優勢すぎて、腸も働きづらかったのだろう)

 なによりせわしない心は、神にゆだねない心でもある。
 なんでも「私が」「私が」という心。
 そういうことを改めて思わされたこの一週間だった。

身を横たえて眠り
わたしはまた、目覚めます。
主が支えていてくださいます。 詩編3:6

 わたしがへたろうと、眠っていようと、働いてくださっている、お一人の方を覚えつつ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状についての月並みなつぶやき

2016kokoro1_2


2017年も始まってしまった。
(このブログ、何年ぶりの更新でしょうか?!)

三が日も終わったけれど、とりとめもなく年賀状について考えてみる。

思えば小学校の頃から、まじめに担任の先生とかに年賀状を出していた。たぶん高校生の時まで、小学校1年からの歴代の担任の先生に律儀に年賀状を出していた。同じ町内に住んでて正月にも遊ぶ友達にも年賀状を出していた。
それが大学生になった時、ものすごくグータラになって、めんどくさくて年賀状を出すのをやめた。(今思うと、小学校の担任の先生とかに年賀状出し続けてれば良かったと思う。ン十年後、当時の先生方の年齢をすでに超えた教え子と先生の関係ってちょっと良いような気がするし・・・)
会社員になったとき、最初の部署で年末に課長が言った。「わが社では虚礼廃止ですから、年賀状などはださないこと。」ほお、そうなんだー、と素直に間に受けて、年賀状は出さなかった。でも後から聞いたら、周りの人は年賀状やり取りしていた。特に上司にはちゃんと年賀状出しているらしい。えええーー??って思ったけど、なんとなく意固地になって翌年も年賀状は出さなかった。こちらが出さないと来ないもので、ある年、実家に一枚も私宛の年賀状が来なかった。実際は住んでいた自宅には何枚か来てたのだけど、帰省先の正月に年賀状が一枚もなくて、妹から「ねえちゃんには、年賀状が一枚も来んとねー」と、とてもかわいそうな人のように見つめられた。年賀状がないことがそんなにかわいそうか~!?と心の中で反発しつつ、どこかで、確かにかわいそうかもしれないとも思った。
でも、数年、年賀状は書かなかった。

年賀状を書き出したのは結婚して、そして同時に転職してからだ。
「しっかりと<社会人>をやるぞ!」
という意欲のもと、前職でお世話になった方、現職の上司、同僚、親戚縁者、そして古い友人等々
それなりに書いてきた。

でもどうもやはりグータラで、引っ越し(こちらや先方の)やら、年末のどさくさにかまけて、住所リストを失ったりして、年を経るうちに、多くの人との年賀状のやり取りが途絶えてしまった。人とつながっていくことにも努力が必要なんだなあと思いつつ、今となってはどうしようもない。

四年前に会社を辞めて、教会に仕えるようになった。教会ではクリスマスから元旦まで並大抵でない忙しさであり、もともとグータラな人間としては、いっそう年賀状どころではなくなった。もともと投函が遅くて元旦につくように出したためしがない。なのに、特に目上の方から元旦に年賀状をいただくのは心苦しい。。。。そもそもクリスチャンなんだから、少なくともクリスチャン同士は年賀状ではなくクリスマスカードやろ!?(クリスマスカードの方が、さらに早く準備しないといけないが)
etcそんなこんな、あれこれ考えて、二年前、きれいさっぱり年賀状はやめよう!と決心しかけた。
しかし、ふと、昔々、妹から「ねえちゃんには、年賀状が一枚もこんとねー」と憐れむように見つめられたことを思い出した。むむむ、確かに年賀状が一枚も来ないのもなあ、、、、と思いとどまり、年賀状は出すことにした。

以来、惰性のように年賀状を出しているが、今年、つくづく年賀状って、やはりうれしいなと改めて思った。年賀状を頂いた人の中にはSNSでつながっている人もいて、別に普段の様子は知っているのだけど、それでも改めて年賀状という形でその人の様子を拝見すると感慨深い。

また、私は生活が変わってしまったので、以前の職場の人や友人とのつながりが年賀状だけということも多くなった。会社を辞めた当時は、ときどきは会うこともあった元同僚とも、先方の転勤やら退職などもあり、徐々に疎遠になってきた。だからこそ年賀状が貴重に感じられるようになった。そして、いまつながっている人は大事にしたいなと、ごくごく月並みに思う。
これから、ばんばん友達が増えたり、付き合いが広がることはないだろう。年賀状の枚数が増えることはそうないだろう。むしろ減っていくことが多いかもしれない。
でも、いま与えられているつながりを大事にしたいと思う。年賀状だけのつながりもまた与えられたつながりだと本当に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翼の歌

夕暮の水よりあがる人体に翼なければあゆみはじめき
                 『廃駅』 小池光

 前回は今年刊行の歌集からの一首だったが、翼つながりで一首。二十年来、翼といえば私にはこの一首。

 プールから、あるいは海から、人が上がった様子だろうか。
「人体」というやけに即物的な、内面や個性を剥ぎ取った言葉に、むしろ人間の内包するもろもろのものが想起される。
 しかしながら、同時にこの「人体」はあくまでもやはり「人体」としてスケッチされている。もろい有機物の塊。水から上がったばかりの無防備な裸体。明るい日差しのなかに誇らしげに立つのではなく、夕暮れの衰えた光の中で生々しいというより、どこか生の希薄さを感じさせる裸体。
 それは弱い光の中にどこか透明感を持った裸体か、あるいは逆光の中に立つ裸体のようにも感じる。

 「翼なければ」・・・当たり前のことだ、人間には翼などない、でも「翼なければ」と、改めて言われると、奇妙な欠落感が生じる。まるで本来あるべきものがないような錯覚に陥る。
 しかし、人間は鳥でも天使でもない、アダムとイブの時代から人間は重力によって地面に縛られて生きている。
 ひととき水の中で浮力により、重力の縛りから放たれたような感覚を得ても、人間は水の中に生きるものでもない。水から上がり、地面を二足歩行していく。20141107_0938011_2
 感傷的に生の悲哀を歌い上げているのではなく、淡々と即物的に描かれているからこそ、一息に人間の存在の本質が立ち上がってくる一首。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孤悲の両翼

あさやけとゆふやけ孤悲の両翼をたたみてterraに添ひ寝をせむや
                      『きなげつの魚』渡辺松男

 あさやけとゆふやけがそれぞれに翼のイメージなのだろうか?それはこの地球の悲しみの翼であろうか?
 でもその翼をたたむのは、<私>のようにも読める。

 そもそも自分ひとりの悲しみなどちっぽけなものである。他人から見たら取るに足らず、ましてやterra(地球or大地)から見たら、ちっぽけもちっぽけ、砂の一粒のようなもの。
 でも私にとって私の悲しみは私を埋め尽くし、その体感容積は時として全宇宙に等しい。
 
 あさやけとゆふやけのうるわしい翼をもっているのはterraであるが、でもわたしもまた、かがやかしくも痛々しい悲しみの翼を負っている。その翼はだれに見えることはなくても、全宇宙に向かって一瞬広げられるのだ。
 (・・・だれに見えることはなくとも、ただおひとり見られる方がおられる、私はキリスト者であるからそう考がえるが・・・)

 そして、そのただ一瞬広げた翼を私たちはたたんで、ごろりと横になるのだ。
 そして、うつらうつら、大いなる大地に添い寝をする、悲しみの翼などなかったように。
 いたってのんきに、いまだ地上に残る淡い光を感じながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごあいさつ

 相変わらずのご無沙汰です。
 年頭のあいさつから、はや10か月が過ぎました。
 少し復活しかけた短歌も、ふたたび欠詠状態であります。(あ、『短歌人』の会費も払わないと・・(-_-;))

 ここのところ、少し心境の変化があり、ブログを再開しようかと思っています。
 (一時期、「黙想編」をメインのブログにしていましたが、やはりこちらに統一するつもりです。
 それも心境の変化です。何となく自分の軸足というものを考えていくと、こっちかなと)
 短歌も再開したい。。。。
 ただ、その気持ち通りに事が進むかどうかはわたしにもわかりません。
 
 ここでご挨拶を書いて、また数カ月放り出すということも十分あり得ますが(^^ゞ
ひとまず書いておきたいことは、自分は「ことば」と共にある、ということです。
 それは聖書のみことばであり、文学の言葉でもあります。
 両者は明確に違うとも言えるし、緩やかにつながっているともいえます。

 そんな「ことば」と向き合っていきたい、人生の終わりまで、
という思いを改めて思っている今日この頃です。(別に死期が迫っているわけではありません、念のため(*^_^*))

 とはいえ、忙しい毎日です。現在は、教会で伝道者として働いています。
 会社員のときとはまったく違った意味での「忙しさ」があります。
 特にこの四月から青天の霹靂、なにがどうなってんのよ!?状態で突然、主任担任教師となり、まだ新米ゆえ、余裕がありません。
(ベテランになったからといって余裕ができそうな仕事とも思えませんが)
 11月ともなればアドベント、クリスマスとさらに怒涛の毎日となるでしょう。
 でもそのような日々に、なお、「言葉」にしがみついていく、そんなとっかかりのような
ブログになればと思っています。そういう意味でわたしの独り言、忘備録以上のものではありません。
 まあそれはこれまでも同様でしたが。。。。

 あ、ところで、最近、うさぎを飼っています。
 ルツちゃん。(旧約聖書のルツ記から名前をとっています)
 ネザーランドドワーフ もうすぐ7か月の女の子です。
 こちらもよろしく~
20141028_073735

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと遅いご挨拶

P1000562


ご無沙汰しています。
ブログを訪問いただきありがとうございます

2012年12月末日をもって26年9か月勤務した会社を退職し、新しい生活を始めて1年が過ぎました。
元気にしております。
短歌も少しずつ再開しています。

いまの心境は

「風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。 ヨハネによる福音書3章8節」

です。

最近はもっぱら↓こちらの「黙想編」をつづっております。
キリスト教の話なのでちょっととっつきにくいかもしれませんが。。。
お読みいただけたら幸いです。
湖蓮日日~黙想編

では2014年も早いもので、一か月が過ぎました。
皆さんのうえに豊かな祝福がありますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年がはじまりました

 あけましておめでとうございます。

 ・・・って前回の更新が2010年の1月で・・・、ずいぶん御無沙汰・・にもほどがありますが(-_-;)、 この一年、諸般の事情でブログの更新が滞っておりました。
 おそらくこの事情は当面続くかと思います。

 この一年、ずいぶんとあれこれと心境の変化がありました。
 このブログはそもそも歌人(といっても無名歌人ですが(^^ゞ、しかも短歌と関係ないくだらんことをたくさん書いてましたが(~o~))としてのブログであり、ここ一年ほとんど歌作をしていない以上、なかなか更新は難しいところがありました。

 また、職場の方もよく検索して見てくださっているという職業上のあれこれもあり、なかなか最近、「書けないこと」が多いのであります。(別に怪しいことをしているわけではありません、念のため(~_~))

 所属する結社誌や同人誌に御迷惑や不義理おかけしっぱなしの状態で、なんともお恥ずかしく言い難いことでありますが、いま自分の中で、一番だいじなことは、キリスト者であるということです。
 ほんとにまあ不義理の限りであり、クリスチャンなんて声に出して言っていいのかと思うくらいなんですが・・。
(すみません、『鱧と水仙』の皆様方・・・)

 また一方で「なんでそこまで宗教にハマってしまったんだぁ~」と思われる方もあるかと思うんですが、もうそれは神様に聞いてくれとしか言いようがありません。

 今日、ひさしぶりに短歌関係の友人と電話で話をしました。そこで私自身の将来についてのある決心を少し話をしました。どう思われたかなあ。

 自分自身が短歌をやめてしまうということが、現時点であるのかどうかはわかりません。
 でもまちがいなく、1986年の一月に、私はやはり「短歌から呼ばれた」と思っているんです。
 クリスチャンでもなんでもないとき、それはごく素朴に冗談半分に「短歌の神様から呼ばれた」と思っていました。でもやはり今でも自分の中で短歌定型から「呼ばれた」という感覚はあるんです。
 だから友人とも「とにかく短歌は続けたい」と、そういう話をしました。

 とにかく、私がたいへん大きな影響を受け、昨年、急逝されたあるクリスチャンの女性についての挽歌を推敲し、『鱧と水仙』に送る、まずそれが今年のひと仕事。
 その作業の中で、少し答えが見つかるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会えるかな

 来週、中国へ出張。香港まで一人で行って、そこで他の方(日本人)と落ち合う予定。
 しかし落ち合う予定の相手を私は知らない。
 先週、メールでお互いの写真交換したけどだいじょうぶかな。手に週刊誌持ってます、とか古典的な目印はいらないだろうか。しかも、そこからフェリーに乗って移動だけど、過去に、何人かの出張者がフェリーに乗り損ねた場所。
 荷物の受け取りなどでもトラブルが過去あったようで、機内持ち込みできるだけの荷物しか持たず、着たきり雀状態で過ごさないと。あれこれと不安だ。

 こちらのブログも更新しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感応

 ここ数日、ひさしぶりに森岡貞香を少し読んでいる。

 ざらめ雪の汚れのひかりまぶしきに凍みの冷たさ連れ添ひたりき
  雪ののち光れる水を踏みてこし人にしあれば時間を問ひぬ
  濃く赤き林檎を擁し立つ人の視線 愛と死と近似せる
  まのあたりいちやう黄葉の散りかたの一気なるとき飛び込む雀ご

 木や鳥や雪といったものが、ある種普通にのべられている。一見、華々しい表現ではない。でも、どこか生々しく、立ち上がってくる世界がある。森岡作品を読むとき、自分が逆に世界から普段切り離されていることを感じる。職場で、また家族といて、感情が揺り動かされ、肉体は疲れ、それなりに現実的な生の感覚はあるはずなのに、森岡貞香の短歌を読むとき、なぜか自分が世界と感応していなかったという感覚を持つ。
 世界とは、もっと濃密なもので、言葉によって感応していかないといけないものなのだ。

 (こちらのブログも更新しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本年もよろしくお願いいたします

 早いもので正月も三日目。
 大好きな餅をたらふく食べてお腹が重く、かつ頭もふだんよりさらに重い正月。
 同人誌の原稿が・・・。
 とにかくがんばらないとっ。
 本年もよろしくお願いいたします。
 (こちらのブログも更新しました)

P1001206

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良いお年を

  どうにか無事今年も終り~。
 といっても、まだ年賀状書けていません。掃除もまだまだ。
 でもまあお気楽な大晦日です。
 年末の風邪もどうにか治まり、おととい自転車で転倒した傷もたいしたことなく、大晦日を向かえ感謝であります。
 あれこれあって、まああれこれとターニングポイントかなあという一年でした。

黒光る堅き木の芽のしづかなるこの禁欲性しばらくの間
             森岡貞香

 新しい一年が、皆様にとって希望と祝福に満ちたものとなりますように!!
 (写真は7月に仕事で行った上海)
Shanhai

 P.S.もうひとつのブログもよろしく!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪中

 よりによって12月に風邪。幸いインフルエンザではなかったけど。
 おととい夜は38.7度まで熱があがり、その後は38度手前と平熱よりちょっと高い状態で、ふらふらしている。
 ひどい痛みや不快感(咳や鼻水)が継続的にあるような症状でないのが助かる。ただ、しんどくて喉がいたい・・・まあ寝ているしかない、という感じ。うつらうつら寝ていると、現実にあったことや、なかったことがフラッシュバックのように入り混じって浮んでくる。なんとなくとりとめもなく脈絡もなく。それを見ていると、なんだかわたしって疲れていたのねぇと今さらのように思う。
 18歳の受験前の冬、急性腎炎になったことがある。あれ以来、体調を崩すたびに、いま執着しているなにかを手放すように促されているように感じる。

冬の日をふらふらとへやにゐる蜂に窓をあけやる手荒きひびき
       森岡貞香

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばてています

  ここしばらく、何となくばてている。
 短歌もランニングも放り出している。
 なんだか疲れっぽい・・・。歳だろうか・・・。
 Twitterは、クリスチャン関係のつぶやきのなか。
 けっこう楽しい。

 ただ、mixiのコメントにあったけど、行動がばれてしまう(^^ゞので、かなりやばい。あちこちに不義理しているのに、「礼拝に行ってます」ってのは、ちょっとどうよ、という感じで、Twitterに悔い改めを迫られているような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休も終わってしまった

 もう明日から年末まで怒涛だなあ。
 Twitter、少しフォローをふやしたら、ちょっとおもしろくなってきたかも。
 でもつぶやいていると、ますますブログやSNSが書けなくなるような気がする。曲がりなりにも文章を書くということと、つぶやきは違うんだよね。
 夕暮れ時に神崎川辺をゆっくりジョギング。走り終わった頃は、日も落ちていた。
P1001200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Twitterいまひとつ